The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
結局は麻雀
2008-09-17 Wed 21:06

麻雀と競馬しかネタねーのかよって話ですね(笑)


結果から先に。





1位 H氏(+4000円)

2位 T氏(+3000円)

3位 管理人(-7000円)









前半は終始T氏が圧勝とも言える内容。


神が宿っていたという感じですね。


配牌で国士無双イーシャンテンってどんだけwww






後半になると管理人がマクってトップに。


・・・そして最後のテンピンで綺麗に最下位に^^;




基本的にT氏は競馬でいう逃げ馬。

管理人はいつも途中でマクる感じなんでまあ個性が現れた感じ。




ただ、今回はマクってから力尽きた馬のようでした。



競馬にも先頭に立つと気を抜いてしまう、いわゆる「ソラ」を使う馬がいる。

近年ではダイワメジャーあたりががその代表例。



逆に、逃げてヘバってもなぜか根性で競り返してくる馬もいる。

今日のT氏はまさにそれでしたね(笑)



H氏は基本的にどこからでも競馬できるタイプですね。

自分の好きだったマヤノトップガンと被ります。









「天才」田原成貴とマヤノトップガン。


武豊が乗るナリタブライアンとのマッチーレースとなった1996阪神大賞典。


牡馬3冠馬となった1994年度年度代表馬・ナリタブライアン

菊花賞と有馬記念を制した1995年度年度代表馬・マヤノトップガン




まさに2頭のマッチレース。

10年以上経った今でも「日本競馬史上最高のレース」と称する人は多い。




当時は叫ぶオヤジばかりだった競馬場。レース中もTVの前は叫び声ばかり。


しかしこのレースだけは違った。

直線に入ると、誰一人として声を出さなかったという伝説のレースです。




(・余談)

当時は3連複・3連単がなかったので3着なんざどうでもいい。
だから余計にマッチレースが痺れた時代です。




「馬連2,1倍」


ちなみに田原騎手はこのレースを振り返って、

「あんなのただの直球勝負だよ。名レースなんて書いたらハジかくよ」

と記者に話していたという。



やはり天才(笑)












スポンサーサイト
別窓 | 麻雀 | コメント:4 | トラックバック:0
<<スロット「バイオハザード」 | たくみのギャンブル放浪記 | 久々の徹マン>>
この記事のコメント
田原姓にに何かつながるものを感じますねw
ちなみに徹マンではオーラスビリから流し満貫で華麗にトップをとるという偉業を成しえました!
2008-09-18 Thu 06:51 | URL | たらっぱ #-[ 内容変更]
H
昨日の結果は、実質では役満祝儀を払っているので、T氏が+5000円でトップですね。
国士の次は流し満貫とは…さすがですw
2008-09-18 Thu 09:24 | URL | 匿名 #-[ 内容変更]
たらっぱさん>

騎手のほうは「たばら」なので勘違いしないように(笑)
2008-09-18 Thu 20:38 | URL | 管理人 #-[ 内容変更]
Hさん>

あっさりしすぎて役満の印象が逆に薄いくらいでしたね。
やはり彼のギャンブルセンスは只者じゃないようですw
2008-09-18 Thu 20:39 | URL | 管理人 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| たくみのギャンブル放浪記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。