The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
天皇賞(春)へズバリ!
2007-04-25 Wed 21:31
ついにあと4日に迫った天皇賞(春)

今回は管理人が現時点で考えている構想を明かします。
(↑特に意味はありません。ほとんど勘です。
構想がはずれても馬券は自己責任でお願いします。)

いくら考えてもわからん!なんて人は管理人の勘をご参考にどうぞ(笑)

構想その1
◎アイポッパーは勝てない!
阪神大賞典を勝ち、重賞連勝中のアイポッパー。
騎手、距離、相手関係、恐らくメイショウサムソンと人気を分けるだろう。
だが、この馬が天皇賞(春)を勝つ姿を想像できる人がどれだけいるか?
(↑最も、想像できないのは管理人だけかもしれないw)
7歳にして本格化とか言われているが、ぶっちゃけ相手関係が年々弱体化してるだけ。
管理人の評価は「所詮押し出された人気馬」である。
2着、3着ならわかるが勝つのは想像できません。

その2
◎デルタブルースはせいぜい連下
はい、引き続き根拠はありません(笑)
そもそもこの馬は日本の競馬には向いていない。
昨年秋にメルボルンC(豪GⅠ)を勝ったが、豪州は長距離レベルが低すぎる。
対して近年の日本の中長距離は世界トップクラスと言っていいだろう。
年々馬場が速くなる今の京都では条件は悪くなる一方だ。
ただ百歩譲って、確かにこの馬は長距離だと怖い存在である。
ということで3着はあるかもしれないという結論。

その3
◎ファストタテヤマに何を望む?
長距離でたまに意味不明な突っ込みを見せるファストタテヤマ。
長距離の瞬発力タイプと、近年の天皇賞に相性がいいタイプに見える。
しかし管理人は一喝!。「お前はもう終わっている」
3着ですら買う予定はありません。

その4
◎日経賞の着順は逆転する。
1着ネヴァブション(3人気)
2着トウショウナイト(2人気)
3着マツリダゴッホ(1人気)

日経賞の着順である。ネヴァブションは天皇賞でも人気になるだろう。
対してトウショウは地味さ、マツリダは距離の不安から人気が落ちると予想される。
こういう状況が絶好の儲け所を生むのである。
実際に逆転するかは確かに未知数。
ただネヴァブションは2、3着の馬より斤量が軽かった上に流れの利があった。
マツリダは早め先頭で目標にされての3着。
トウショウは早熟血統に特有の根性のなさが最後に響いた。
天皇賞の相性を考えると3頭の中ではマツリダゴッホに1番期待できると思う。

ここに書いてあることは管理人はすべて実行することを誓います。
疑ってかかるもよし。鵜呑みにするもよし。
参考程度にしてもらえれば幸いであります。
(賛成論・反対、異論など色々とコメント下されば嬉しいです)

スポンサーサイト
別窓 | 競馬(重賞展望) | コメント:0 | トラックバック:0
<<人道 | たくみのギャンブル放浪記 | ヤクザ激怒>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| たくみのギャンブル放浪記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。